好感を持たれる瞬間

ITの仕事に魅力を感じている方が多いのではないでしょうか。ITの魅力に魅せられた方は、「ITがこれほどまでに心をつかんで離さないくらいに魅力的だとは驚いた。 IT業界で働いている人達は、夢と希望を持って仕事をしているんだろうな。ITは多くの人達に心を豊かになってもらうためにあるというくらいに価値あるものなんじゃないのか」という感想を抱くのではないかと思うのです。ITによって紡がれていく幸せへの道しるべこそが、私たちが追い求めてきたものだという報われた気持ちになるのは往々にしてあると思うのです。 IT企業でも、何でも万能に仕事をこなすくらいに完璧超人のような方がいるのではないでしょうか。当然、その人に対して魅力を感じる人が居ると思い、ともすればその人に愛の告白をしていこうと考えるようになることがあると思うのです。仕事を通して人間的な魅力を引き出せる方は、特に異性を意識した振る舞いをしていなくても、普段の仕事で異性のハートをつかめることは、人としての羨む点ではないかと考えられるのです。 要は、飾らない美しさや精悍さがその人にとっての魅力の根底となっていき、自身の魅力を強調しない謙虚さが周りの人達の意識に快く受け入れられていくのです。目に見える魅力だけではない人間力を見せられるかによって、その人間力と外面的な魅力との相乗効果により、その人にとっての真の魅力として表現されていくのです。 魅力が洗練された美として多くの人達に受け入れられているモデルにしても、内面的な美しさも重視している点から、内面と外面の魅力は表裏一体の関係性となるのです。 好感をもたれる人間性というのは、社会で生きていく上で何よりも重要な個人のスキルとなるのです。 それが証明される内容が、企業内での人望だったり難易度が高い開発を任せられたり、はたまたフリーランスであれば開発案件の受注だったりとさまざまです。 これから先のIT時代で最も大切にしていきたい部分なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>