自身を高めていく意義

IT企業で研修が行われることで、着実にIT社会が進むべき道に進んでいるという安心感を抱く方がおられるでしょう。研修といっても会社が従業員に勧めるタイプのものがあれば、自主的に参加するタイプがあったり様々なのだと考えられて、自分のライフスタイルに合ったITのスキルを高めていくことが可能なタイプを選ぶ重要性を物語っているように感じてくるのです。研修を受けることで自分が生まれ変わっていく感覚を覚える方がいるのではないかと思い、その感覚を味わうたびに研修の意義の高さを肌身に感じるのではと考えられるのです。
ITの研修で、自分と同じくITのスキルを高めようとする人に対して、「俺はこの人と一緒に仕事をするようになるかもしれない。この人に再会したときに笑顔で言葉を交わせるように、この研修で一回りも二回りも立派な人材になってみせるぜ」という目標意識を抱くようになると思うのです。それだけ志を同じくした人と共に学ぼうとすることで、互いに切磋琢磨していけたらどんなに素晴らしいだろうという仲間意識が喚起されていくことが考えられるのです。言い換えれば、研修を行う場所が出会いの場としての性質を表現していくのだと思い、「この人が頑張っているんだから、自分もこの人みたいに頑張れるはずだ」という意欲が生み出されていくと考えられるのです。ともすれば研修で知り合った人との間に友情が芽生えることが可能性として考えられていき、その友情を仕事に向かう上での糧とすることは往々にしてあるのではないかと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です